鈴木歯科医院(成城)(世田谷区/成城学園前駅)

blog アートボード 1 - 第一大臼歯は食べ物噛む時に一番働く歯ですが、今回ここが失われてしまいました。ここをインプラントで回復しました。

第一大臼歯は食べ物噛む時に一番働く歯ですが、今回ここが失われてしまいました。ここをインプラントで回復しました。

入れ歯やブリッジで歯が欠損した所を回復出来ますが、インプラントが一番違和感が無く、また良く咬め、また残っている歯に負担を一切かけないので、患者様はインプラントを希望されました。

1 3 150x150 - 第一大臼歯は食べ物噛む時に一番働く歯ですが、今回ここが失われてしまいました。ここをインプラントで回復しました。 1、インプラントは骨を削って埋入するので、痛いのではないか、大変なのではないか、と心配される方が多いですが、実際は殆ど痛みがありません。殊にオペの翌朝は、「殆ど違和感が無い」と殆どの方が言われます。

 

2 3 150x150 - 第一大臼歯は食べ物噛む時に一番働く歯ですが、今回ここが失われてしまいました。ここをインプラントで回復しました。 2、インプラントを下顎に埋入して3か月経ったので、型を採り、冠を被せる準備をしました。

4 3 150x150 - 第一大臼歯は食べ物噛む時に一番働く歯ですが、今回ここが失われてしまいました。ここをインプラントで回復しました。 3、インプラントに冠をスクリューで固定したのでここで噛める様になりました。この後はメインテナンスが必要です。年に2~3回はここのクリーニングを継続するとこれは長持ちする筈です。

Access

鈴木歯科医院

〒157-0066
東京都世田谷区成城6-4-13 成城フルール4F

suzuki 02 - 第一大臼歯は食べ物噛む時に一番働く歯ですが、今回ここが失われてしまいました。ここをインプラントで回復しました。