鈴木歯科医院(成城)(世田谷区/成城学園前駅)

blog アートボード 1 - 新しい虫歯治療について

新しい虫歯治療について

歯科治療は日進月歩です。虫歯治療に歯に金属を詰める従来の方法は今や時代遅れです。

 

 その昔は虫歯治療にアマルガム合金を歯に充填していました。

今はその様な治療をしている所はないでしょうが、これには水銀が入っていました。

完全に合金化されるので、これが体の中に毒素として作用する事はありませんが、世界中でこの治療をしていた時代が有りました。

いまその過ぎ去ったアマルガム充填治療に似た位置にいるのが、合金を鋳造して詰める金属充填法です。

これも今でも世界中で行われている虫歯治療法ですが、これには大きな欠点があります。

歯を削った所に金属の鋳造体をセメントでつけるのですが、歯と金属との境目から細菌が侵入し、金属の下にまた新たな虫歯が出来る可能性が高いのです。

この金属が外れた所や、凍みるので金属を外した所を見ると、虫歯が再発しているのです。

一度治療したのになぜまた虫歯が再発するのでしょうか。

これは詰め物と歯とが接着された一体型になっていないからです。

 口の中は細菌だらけと思ってください。

その微細な細菌はほんの僅かな隙間から侵入するので、油断がなりません。

金属と歯とが一体化していないので、この境目から細菌の再感染が起こります。

当医院ではこの金属インレーが充填された後に再感染した症例が沢山ありますので、その一部をご覧ください。

 

1 1  150x150 - 新しい虫歯治療について  →  2 150x150 - 新しい虫歯治療について

凍みるので金属を外したら黒い虫歯が現れました。金属と歯との隙間から虫歯が再発していました。

 

2 5 150x150 - 新しい虫歯治療について  →  6 150x150 - 新しい虫歯治療について

古い金属充填の下に虫歯が沢山出来ており、もう少しで神経を取らなくてはならない所でした。

 

3 7 150x150 - 新しい虫歯治療について  →  8 150x150 - 新しい虫歯治療について

噛むと痛いので金属インレーを外したら大きな虫歯です。金属は歯との境界を完全に封鎖しているわけではありません。

 

 当院ではこの様な症例に多数遭遇しているので、虫歯再発になり難い治療を心がけています。

最先端の虫歯治療は、歯そのものにくっ付いて離れない接着性充填法です。

歯に接着の処理をして、そこに接着性の充填材をつめる治療法です。

この虫歯治療法こそが虫歯再発が格段に少なくなる最新のやり方です。

この治療法は前の歯と、奥の歯の単純なむし歯にはすでに応用されていますが、

奥の歯の複雑な形態の虫歯治療にはそれなりのテクニックとかなりの時間がかかるので、この治療法はまだ一般化されていません。

そしてこの奥の歯の複雑な形態の虫歯こそが大多数を占めるのです。

この種類の虫歯は歯と隣の歯との間から発生したもので、ここに長い間に蓄積した細菌が原因しています。

この歯と歯との隣接した所に溜まった細菌は、普通の歯ブラシでは除去できないので、歯ブラシだけの予防法だけでは取りきれません。

ですから歯ブラシだけしか使っていないと、いくらこれで熱心に清掃しても、取り残された細菌叢が多量に取り残され、

これが奥の歯に複雑な形態の虫歯を作っているのです。

 

この治療法による症例をご覧ください。上に掲載した症例の続きです。

1 1  150x150 - 新しい虫歯治療について 2 150x150 - 新しい虫歯治療について →4 1 150x150 - 新しい虫歯治療について →7 2 150x150 - 新しい虫歯治療について

 上の画像の続きです。麻酔下で再発した虫歯を綺麗にした後、歯に接着の処理をして、接着性の充填材を積層と重合を繰り返ししながら元の歯の形に

再現してゆきます。歯と同じ色である事も重要です。口をあけて金属が詰めてあるのが分かってしまうのは現代ではクールではありません。一時間かけて

一回の通院終了です。この治療法は金属充填よりも遥かに細菌感染が少ないので、歯は長持ちします。

 

2 5 150x150 - 新しい虫歯治療について →6 150x150 - 新しい虫歯治療について →3 150x150 - 新しい虫歯治療について →5 1 150x150 - 新しい虫歯治療について

 隣の歯との間に金属をつめる虫歯治療をした後に、また虫歯が同じところに再発しました。これは詰めた物が金属である事と、同じところに細菌が溜まっ

ままで清掃されていなかった事に原因があります。今回は歯間清掃を心がけて戴いて、金属ではない接着性の充填材を詰めたので、今後はこれが長持

する筈です。それにしても再発した虫歯が深く進行していたので、危ない所で歯髄組織(神経)を取らなければならない所でした。

 

3 7 150x150 - 新しい虫歯治療について →8 150x150 - 新しい虫歯治療について →4 150x150 - 新しい虫歯治療について → 7 3 150x150 - 新しい虫歯治療について

 麻酔下で金属インレーを外したら、広範囲にむし歯が再発していました。このように大きな詰め物こそ、金属充填は危険です。歯と金属との境界が長くな

り、それだけ虫歯が再発する危険性が高まるからです。これを綺麗にしてから歯と同じ色の接着性充填をしました。

 

 虫歯にならない様にするには、

1 規則正しい食生活が基本中の基本です。食事外の時間に、いつも口の中に何か食べ物・飲み物が入っているのは大変危険です。

2 適切な場所に、適切なゆるい力で、細かくブラシを動かして細菌叢を取り除きます。

3 ブラシだけでは虫歯の原因の歯垢は全部は取れません。歯と歯の間、隣接面の細菌叢が残っています。

  これこそが現代の虫歯の天敵です。

  これは歯冠ブラシやデンタルフロス(糸)などで除去します。

  これを使わないと気持ち悪い、と言う感覚が必要です。

     ☆  この予防の具体的な方法については当医院のブログ、

        「歯科治療の本質 1」 と 「歯科治療の本質 2」 

        を参考になさって下さい。

4 虫歯治療には金属インレーをつめないのが賢明です。最先端の治療をするべきです。

 

 現代は多くの食品にあふれています。意識していないと、この食品と言う文明に体を蝕まれます。

現代人は様々な文明を再評価する必要がありそうです。

 

 

           鈴木歯科医院  鈴木浩一郎

             東京都世田谷区成城 6-4-13 成城フルールビル4階

             ☎ 03-3483-1919

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Access

鈴木歯科医院

〒157-0066
東京都世田谷区成城6-4-13 成城フルール4F

fghytr アートボード 1 - 新しい虫歯治療について