blog アートボード 1 - どのような根管治療であろうともラバーダムは必ず装着しなければなりません。

どのような根管治療であろうともラバーダムは必ず装着しなければなりません。

小臼歯が疼くのでの感染根管治療をしました。

3 7 150x150 - どのような根管治療であろうともラバーダムは必ず装着しなければなりません。被さっていた冠などを外して、虫歯も綺麗にしましたが歯の一部の壁が欠けており、このままではラバーダムをかけられません。これをしないと綺麗な根管治療は出来ません。

5 2 150x150 - どのような根管治療であろうともラバーダムは必ず装着しなければなりません。② 欠けていた壁を回復し、ラバーダムを装着して清潔な治療環境を確保します。これから顕微鏡下で根管治療を始めます。

2 9 150x150 - どのような根管治療であろうともラバーダムは必ず装着しなければなりません。③ 術前のレントゲン写真です。画像中央左よりの歯です。一見よさそうな治療ですが、根管内が感染して黒色化していました。

6 2 150x150 - どのような根管治療であろうともラバーダムは必ず装着しなければなりません。④ 術後のレントゲン写真です。感染していた根管内を拡大・清掃し、無菌化してからここを薬剤で密封充填したので根管治療は終了しました。術前の症状はすっかり消退しました。

Access

鈴木歯科医院

〒157-0066
東京都世田谷区成城6-4-13 成城フルール4F

fghytr アートボード 1 - どのような根管治療であろうともラバーダムは必ず装着しなければなりません。