鈴木歯科医院(成城)(世田谷区/成城学園前駅)

blog アートボード 1 - 一番奥の歯が欠損した所は、インプラントで回復するのが一番良い方法です。

一番奥の歯が欠損した所は、インプラントで回復するのが一番良い方法です。

上顎第二大臼歯が欠損しました。ここを元通りにして噛める様にするには、ブリッジや入れ歯の方法がありますが、この場合は残っている歯に負担をかけないインプラントを入れるのがベストの選択です。ブリッジだと隣の歯を2本位、大きく削らなければならず、ここだけの為の入れ歯は邪魔で入れていない方が多く見られます。

1 5 150x150 - 一番奥の歯が欠損した所は、インプラントで回復するのが一番良い方法です。① 上顎の第二大臼歯にインプラントを埋入して4か月経過したので型を採り、冠を入れる準備をしました。

2 5 150x150 - 一番奥の歯が欠損した所は、インプラントで回復するのが一番良い方法です。② 埋入したインプラント上に冠を被せた所のレントゲン写真です。綺麗に入っています。

3 3 150x150 - 一番奥の歯が欠損した所は、インプラントで回復するのが一番良い方法です。③ 冠を被せた所の画像です。冠を装着したネジのネジ穴を塞いで完成しました。又歯が新しく生えたような感じがあるようで抵抗なく、良く咬めているようです。

 

 

Access

鈴木歯科医院

〒157-0066
東京都世田谷区成城6-4-13 成城フルール4F

fghytr アートボード 1 - 一番奥の歯が欠損した所は、インプラントで回復するのが一番良い方法です。