スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

感染根管治療の症例を 症例画像でご覧ください。
 下顎の第二大臼歯が 深い所まで細菌感染し、歯髄があった根管
まで進んだので この中で細菌が繁殖し、痛みが出ました。
 
 一つ手前の第一大臼歯なら手が届きやすいのですが、その奥の第
二大臼歯になると ややアプローチが難しくなります。しかしここ
はその難しさを 技術と経験で カバーします。
  それでは 下の画像で説明いたします。
上左 術前です。壁の一部が欠けているので 此の儘では根管治療
    に必要なラバーダムを掛けられません。
上右 接着の処理をして、壁を作りました。これでラバーダムを使
    えます。
下左 術前のレントゲン写真です。根の先の顎骨に黒い陰影像が見
    えます。炎症で 顎の骨が吸収した状態です。その右端に
    親不知の歯が水平になって 患歯にぶつかっています。
下右 術後のレントゲン写真です。根管の中に薬剤が密封されてい
    ます。根管拡大、根管洗浄を繰り返し行い、根管内の無菌
    化を計りますが これだけでは十分ではありません。根管
    内壁にこびり付いている細菌や汚物がまだ残っています。
    EDTA溶液を根管内に満たし、一根管あたり 1~2
    分間 超音波振動をして 内壁の汚物を剥がし取ります。
    これで根管治療は終わりです。
14-09 -03-1.JPG   14-09-03-2.JPG

14-09-03-3.JPG14-09-03-4.JPG
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/