スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

お知らせ

感染根管治療のやり直しのケースです。

根管治療の症例を 画像でもって供覧致します。下顎右側のブリッジを支えている歯が痛んできたので

来院されました。神経を 既に取られてしまっていた小臼歯でしたが、その根管治療が全くお粗末だっ

たので 根管内が感染してここが格好の細菌培養地になっていました。根管の中で培養され、増殖し

た細菌は 根の先端の顎の骨に溜り、これが痛みや腫れの原因になります。それだけでなく、その

細菌は血流に乗り、全身に廻るので 全身の病気に大きな影響を与えます。ですから根管治療は

きちっとしなければなりません。下図の画像で 今回の治療を説明いたします。

1.JPG① ポーセレンのブリッジが入っています。右側の小臼歯が痛み
ました。数年前に入れたばかりとの事です。

2.JPG②  ブリッジのレントゲン写真です。ブリッジの右側の歯の根管
治療の影がはっきりしません。

3.JPG③ 冠を外すと 金属製の土台が有ります。

4.JPG④ 金属の土台も外しました。虫歯も綺麗にしました。しかし
このままでは根管治療に必要なラバーダムを掛けられ
ません。

5.JPG⑤ 接着の技術で 壁を作りました。

 

6.JPG⑥ 壁が出来たので ラバーダムを掛けられました。これで
安全で 清潔な治療が可能になります。

7.JPG⑦ 顕微鏡下で治療し、根管拡大、根管清掃を繰り返した後に
EDTA液を根管に満たして ここを超音波洗浄します。
これで根管腔内壁にこびり付いた細菌や汚物を剥がして
根内の無菌化を計ります。その後 中空になっている根管
内を薬剤などで密封します。
これで根管治療は終わりました。
後は 形態修復して 良く噛めるようにします。