スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

  本日は 感染根管治療の症例を ご覧いただきましょう。
 前医で治療した 上顎右側第二大臼歯の根管治療が うまく
いっていなかったケースです。
 根管の数が 少なくとも3本あるにも関わらず、1本しか治療し
ていませんでした。そして 治療している1本の根管も あまり
綺麗な処置とは言えませんでした。
 治療がうまくいっていないため、痛みと腫れがありました。
何故なら 空洞となっている根管の中で 細菌が繁殖しており、
根管が感染源となって 次々と増殖する細菌が 根管の外へ
進出して 顎の骨などを破壊しているからです。
 顎骨の中に膿瘍を作る事もあります。
 このように 根管治療がうまくいっていないケースが非常に多い
です。むしろ 上手くいっているケースの方が少ないようです。
 患者さんから再治療の以来を受けたので 根管治療を始めま
した。
 それでは その症例の画像を説明します。
上左 術前のレントゲン写真です(左から2番目の歯)。根管が
    3本あるにも関わらず、1本しか治療していません。白い
    薬剤が1本しか見えないのでそれが分かります。
上右 根管治療が終わった後の画像です。 歯が崩壊してい
    たので 治療開始前に壁を作っておきました。これが無
    いと 根管治療に絶対必要なラバーダムを装着できま
    せん。
下左 根管拡大、根管清掃等を繰り返し、最後に根管充填し
    た所のレントゲン写真です。薬剤が根管の先端まで 
    きちっと入っているのが確認出来ます。
下右 角度を変えて撮影したレントゲン写真です。根管が3本
    根の先まで綺麗に充填されているのが分かります。
    これで感染源が無くなったので 痛みも腫れもなくなり
    ました。
14-08-19-1.JPG 14-08-19-2.JPG

14-08-19-4.JPG 14-08-19-3.JPG
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/