スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

 感染根管治療の症例をご紹介いたします。
虫歯がそれほど深くなければ 細菌感染した所を取り除いて、形態
修復すれば終わりです。
 しかし 虫歯が深く進めば 歯の奥深くにある 歯髄組織(いわ
ゆる歯の神経)まで感染し、腫れや 強い痛みが出ます。そうなる
と この感染した歯髄は除去しなければなりません
 放置しておくと 歯髄腔(根管)そのものが 細菌の巣窟になり、
体全体の感染源になります。
 歯の病気が進むと この細菌類が 心臓病や 糖尿病、或いは
リューマチ等等 あらゆる病気の原因や誘因 憎悪因子となる事
が 今 次々と発表されています。
 ですから 歯の根管が感染していたり、根管治療がうまくいって
いない場合は 出来るだけ速やかに きちっとした治療をすべき
です。
 今回は 下顎大臼歯の 感染根管治療を お見せいたします
それでは 下の画像を説明します。
上左 他歯科医院で 根管治療をしていました。当医院で治療を
    希望して来院されましたが、歯のたけが短く、ラバー
    ダムを掛けられません。
上右 接着技術を応用して 壁を作りました。これで歯のたけが
    回復し ここに ラバーダムを掛けられます。
中右 治療する歯にラバーダムを掛け、患歯を隔離しました。
    これで清潔に、安全に根管治療できます。
    根管治療の時は ラバーダム装着が必ず必要です。
中左 術前のレントゲン写真です。(右の第二大臼歯)
下   根管内を 拡大し、洗浄して無菌化し、最後に根管充填
    をしたレントゲン写真です。歯根の先端まで綺麗に充填
    されているのが分かります。
    3本の根管が 無菌的に 緊密に充填されているので
    この歯の保存治療は 完了しました。
14-08-01-11.JPG   14-08-01-12.JPG

14-08-01-13.JPG   14-08-01-14.JPG

14-08-01-15.JPG
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/