スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

今回は 感染根管治療の症例をお出しします。
 根管治療は 多くの歯科医師にとって 苦手意識があります。
光が届かず、暗くて見えない所を 手探りで処置しなければなりません。
時には 根管の入り口さえ見つからない事もあります。これでは
治療は始まりません。
 又 極めて細い 感染した根管の内部が 石灰化していて 従
来の器具では歯が立たない事もあり、感染部を除去出来ず、これ
を取り残したままになっているケースも多く見られます。
 それから 根管治療では 必ずラバーダムを患歯に装着します。
安全に 清潔に根管治療を行うのに これは 必要不可欠のものです。
しかし殆んどの歯科医院では 根管治療時に ラバーダムを装着
していません。
その理由は ラバーダム装着そのものが 多少面倒なところがあ
りますし、ラバーダムを掛けられない位 歯が崩壊しているケー
スも多く見られるからです。
 当医院は全ケースにラバーダムをつけて 治療します。
そのために 崩壊した部分を作り直し、ラバーダムを掛けられる準
備をするのです。根管治療の前準備をするわけです。
これには結構な時間がかかります。大変に面倒な事なので一般
の歯科医院ではまずこのような事はやりません。
 
 当医院の治療法を下に見える画像で 紹介させていただきます。
 
下顎左側の 第一と第二小臼歯の 感染根管歯のケースです。
 
 下図の説明をします。
上左 被せものが外れ、金属の土台が残っています。下顎左側
    の小臼歯 2本の再根管治療の依頼を受けました。
上右 金属の土台を外しました。歯のたけが短いので 此の儘では
    ラバーダムを掛けることが 出来ません。
    歯に接着の処理をしました。
中左 不足している壁を 接着技術で補いました。これだけで
    一時間半近くかかりました。
中右 壁が出来たので ラバーダムを掛けられました。
    これで安心して 顕微鏡下で 根管治療ができます。
下左 術前のレントゲン写真です。明らかに根管充填が不足です。  
下右 根管拡大、根管清掃して 根管充填が終わりました。
    術前と異なり、根管充填が綺麗に出来ています。
14-07-22-2.JPG 14-07-22-3.JPG

14-07-22-4.JPG 14-07-22-5.JPG

14-07-22-6.JPG 14-07-22-7.JPG