スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

第5回 院長からのメッセージ。

虫歯の治療、充填治療について話を続けています。
口の中の基本的な清掃、すなわち歯周治療、予防処置が終わった後に初めて行うのが虫歯治療です。
 これが厳密に出来ていないと歯の神経を抜かなければならなくなったり、歯を抜かざるを得なくなったりして、結局入れ歯を入れたり、ブリッジだ、インプラントだという話につながっていきます。
 
私はどんな治療でも精密にいたしますが、やはり最初の虫歯治療をきちっとしておいた方が患者さんにとって、後々尾を引かなくて宜しいのではないでしょうか。
今は金属の詰め物をセメントで合着する合着法の治療ではなく、歯の色に合わせて、ハイブリッドの高分子化合物、すなわちサブミクロン単位の球状粒子の石英とレジンの混合物を、歯に接着の処理をした所に充填する接着法の治療が求められています。
 これだと歯と詰め物との間に全く隙間が有りません。充填後も引き続き予防を励行すれば虫歯の再発はほとんど無いはずです。
これに反して金属インレーを充填すれば、歯と金属とは繋がっているわけではないので、その間から細菌が侵入して又虫歯が再発する、それどころか多くの場合は最初に治療した時より深く大きな虫歯が発生します。
 そのようなケースを私は毎日見ております。治療をすればするほどどんどん悪くなる、と仰る患者さんによく出会います。それは虫歯治療に金属を充填する治療をしているからです。
 私の医院では金属を外して接着充填の治療を日々続けております。
 金属は簡単に外せます。
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/