スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

第43回 歯科治療と全身疾患

 今回、今までのテーマから少し離れて 大変重要な事をお話しさせていただきましょう。
 それは、口の中の細菌が、体の全身の疾患と大変密接な関係を作っている事についてです。
 私が歯学部の学生だった頃、今から40年位前の事でしたが、その授業においては、口の中の細菌は、精々、心臓の心内膜炎を起こす、と言われた位でした。
 所が今はどうでしょうか。
歯周病の起炎菌が、糖尿病、痛風、リューマチ、心臓疾患 その他、各種の全身性の感染症や、アレルギー性疾患等々と、 互いに大きく影響しあっている事がどんどん分かってきました。
 一方、歯の中の いわゆる神経、歯髄の組織、が感染する感染性歯髄炎や 歯髄壊疽等は 歯髄が入っていた根管の中で、細菌が増殖し、歯の根の先端に、膿瘍を作りますが、これも全身疾患を起こす誘因になったり、増悪させているようです。
 歯の中の根管由来の菌の全身への影響は、まだあまり研究が進んでいないようですが、少なくとも リューマチに関係があるといわれています。
 つまり、歯の外面に巣くう細菌、すなわち歯周病菌や、歯の内面に増える菌、すなわち感染根管菌は共に、体の全身の疾患と 互いに強い影響を与えあっている事が 研究の結果、明らかになりつつあります。
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/