スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

第39回 根管治療日記  その4.

  
 根管治療を成功させるためには、幾つかの条件が満たされていなければなりません。
 その条件の中で、先ず最初に必要なのは、患歯へのラバーダム装着です。
 根管治療は、言うまでも無く、無菌的に行うべきです。その、無菌的処置を行うための準備、無菌的処置を最初に保証するもの、それがラバーダム装着です。
 根管治療中に、唾液や、呼気、その他のものが根管内に侵入すれば、無菌的根管治療が成功するわけがありません。
 又、頻繁に繰り返す消毒、洗浄の薬液が口の中に漏れてはいけません。
 以上のような理由で、、ラバーダム装着は、根管治療の必須アイテムなのです。
 必ずラバーダムをかけなくてはならない、しかし、多くは、実際にはほとんど装着されていない、ラバーダムをかけないで根管治療がなされているのが現状です。
 その訳は、前回のブログでお話したとうりです。
 
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/