スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

 本日は抜髄の根管治療のケースです。出来るだけ歯髄組織は取り
たくありませんが、虫歯があまりに深くまで進んでいると歯髄を保
存する事が難しくなります。今回はその症例です。
 画像とその説明文とをご覧ください。
2016-9-1-1.JPG 2016-9-1-2.JPG 2016-9-1-3.JPG 2016-9-1-4.JPG
2016-9-1-5.JPG 2016-9-1-6.JPG 2016-9-1-7.JPG 2016-9-1-8.JPG
    一段目の画像・左より
1 下顎小臼歯が水に凍みてしょうがないので来院されました。充
  填されている金属を麻酔下で除去します。
2 金属充填されている歯は殆ど虫歯が再発しています。細菌感染
  している虫歯は全て取り除かなくてはなりません。  
3 虫歯が深かったので歯髄が露出してしまいました。歯の中央の
  赤い点がそれです。こうなると歯髄を除去しなくてはなりませ
  ん。  
4 根管治療に絶対必様なラバーダム装着するためには欠損した壁
  を修復しなくてはなりません。接着技術を使って両隣接面に壁
  を作りました。
  
    二段目の画像・左より
1 ラバーダムを装着する事が出来ました。これで術野に唾液が入
  ったり、薬剤が漏れたりする心配がなくなり、清潔で安全な根
  管治療が出来るようになりました。
2 その強拡大の画像です。これから顕微鏡下で治療開始です。
3 薬剤を仮封した術中のレントゲン写真です。
4 二度目の来院で根管治療を終えたレントゲン写真です。根管
  内を無菌化し、薬剤で密封しました。初診時の症状はすっかり
  無くなりました。この後は噛めるように歯の形を修復しま
  す。      
   詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
       http://www.suzuki-dental.jp/