スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

 当医院の理念と申しますと「最先端の歯科技術を最高のサービス
で。」を以前から心がけております。根管治療に関しては昔からラ
バーダムを必ず装着し、又顕微鏡や超音波発信器も早くから導入
し、その経験や実績を今に至るまで沢山積み上げています。然しな
がら根管治療には難しい問題点が幾つかある事も前からしみじみと
感じさせられています。一番大きな事は、歯髄を失って根管治療を
した歯は乾燥気味になるので、歯髄が有る歯より、歯の根にヒビが
入ったり、割れる可能性が有る事です。そうなるとどんなに綺麗
に根管治療をしても抜歯に至る事もあります。勿論当医院では根管
治療して20年、30年もっている場合もありますが、ヒビが入った
りして残念ながら短命に終わる事も有ります。ですから根管治療
をするに当たっては全力を尽くしていますが、「出来るだけこの歯
を長持ちさせましょう、しかしその寿命はいつまでなのかは誰にも
わかりません。」と患者さんにはお話しするようにしています。
 申し上げたいのは、出来るだけ歯髄(いわゆる神経と呼ばれて
いるもの)が無くならないように予防をする事、正しい予防法をき
ちっと身に付ける事とともに、最初の虫歯の治療をする時に、虫歯
再発の可能性がより低い方法を選択する事しか無いと思っていま
す。これが歯を長持ちさせる大きなポイントだと毎日感じさせられ
ています。虫歯治療に金属充填した歯は危険です。
 下の画像ですが、上段の4コマは右上の小臼歯、下段
の4コマは左上の小臼歯の接着性審美充填の治療の症例です。
それぞれの金属インレーを外して再治療しました。このままでは
再発した虫歯が進行してやがては歯髄を取らざるを得なくなる危
ない所でした。上段、下段の画像ですがそれぞれ左から右へ進行
していますのでご覧ください。
2016-07-12-1.JPG 2016-07-12-2.JPG 2016-07-12-4.JPG 2016-07-12-6.JPG
2016-07-12-11.JPG 2016-07-12-12.JPG 2016-07-12-15.JPG 2016-07-12-16.JPG
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/