スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

 虫歯治療の時に金属充填をする事が如何に危険なことかをまたも
や教えてくれた症例です。金属と歯との間に細菌が入り込み、結局
虫歯を治した時よりも深い虫歯が出来てしまいます。又治せば良い
のでしょうが、深く進むと歯髄組織にまで進行し、歯髄を取らなけ
ればならなくなります。そうならないような治療を選択された方が
良いのでは無いでしょうか。それでは症例とその説明文とをご覧く
ださい。
2016-5-30-1.JPG 2016-5-30-2.JPG 2016-5-30-3.JPG 2016-5-30-4.JPG
2016-5-30-5.JPG 2016-5-30-6.JPG 2016-5-30-7.JPG
   画像 上段の左より
1 金属を詰めている上顎大臼歯が痛くてたまりません。麻酔下で
  これを外します。
2 外してみたら深く大きな虫歯です。これでは細菌感染の巣窟に
  なっている状態です。
3 虫歯が歯髄にまで到達しており、出血しています。この場合や
  むを得ず、抜髄の処置をしないと痛みは治りません。壁が大き
  く欠けているのでこれを治します。歯に接着の用意をします。
4 壁を作ったのでラバーダムを装着出来ました。安全に、安心し
  て、清潔に、顕微鏡下で根管治療が出来ます。
   画像 下段の左より
1 術前のレントゲン写真です。画像の左側の歯が痛んだ歯です。
2 根管3本とも無菌化して、根管内を薬剤で密封したレントゲン
  写真です。
3 角度を変えて撮影した写真です。痛みはすっかり治りました。
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/