スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

 本日も根管治療をする前に、どうしてもしておかなければならな
い前準備についてのお話です。今までの根管治療のブログの冒頭で
何回もお出ししておりますが、今回はその冒頭部分のみの二症例を
供覧いたします。根管治療は何よりも清潔に、そして安全に行われ
なければなりません。その為にも必ず患歯にラバーダムを掛けなけ
ればなりませんが、殆どの場合、すぐには掛けられません。歯の形
が変形してしまっているからです。その為、当医院ではラバーダム
を掛けられるような歯の形に先ず戻す事から始めます。これが結構
大変な所でありまして、この様な事をしている医院は殆ど無いと言
っても良いかと思います。
それでは症例の画像とその説明文とをご覧ください。
2016-4-28-9.JPG 2016-4-28-10.JPG 2016-4-28-11.JPG 2016-4-28-12.JPG
2016-4-28-13.JPG 2016-4-28-14.JPG 2016-4-28-15.JPG 2016-4-28-16.JPG
 
    上段 症例一 左より
1 根管治療をする歯に、冠が既に装着されています。これを外さ
  ないと再治療が出来ません。
2 冠を外しました。虫歯やセメントなどを綺麗にします。このま
  まではラバーダムは掛けられません。掛けられるように歯の形
  を変えなければなりません。
3 接着性の素材で壁を作りました。根管治療の前準備が整いまし
  た。
4 前準備したおかげでラバーダムを掛ける事が出来ました。
    下段 症例二 左より
1 根管治療を希望です。冠が外れた状態で来院されました。
2 虫歯がものすごく深く、危ない所でしたが、何とか保存する可
  能性は有りそうです。しかしこのままではラバーダムを装着す
  る事など全く出来ません。
3 接着性の素材を使って歯の形を変えました。ラバーダムをつけ
  る前準備が出来ました。
4 形が整ったのでラバーダムを装着して、顕微鏡下の根管治療を
  安全で清潔にする事が出来るようになりました。
  
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/

コメントを残す