スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

 本日は根管治療をする為の前準備段階の症例です。
根管治療をする為には必ず歯にラバーダムをかけなければなりませ
ん。しかしほとんどの症例を見ると、そのまますぐにラバーダムを
かけさせてくれる様な状態ではありません。歯の丈が短かったり、
歯の壁が崩れていたりなので、掛けられないのです。その為、当医
院では接着性の充填材を使って、ラバーダム装着が出来るようにし
ています。つまり根管治療の下準備をいつもしているわけでして、
これだけで結構な時間が掛ります。
 その画像と説明文をご覧ください。
2016-4-28-1.JPG 2016-4-28-2.JPG 2016-4-28-3.JPG 2016-4-28-4.JPG
2016-4-28-5.JPG 2016-4-28-6.JPG 2016-4-28-7.JPG 2016-4-28-8.JPG
   上段 症例一 左より
1 冠が外れた状態で当医院においでになりました。
2 詰めてあったセメントをはずしました。歯の丈が低いので、こ
  のままではラバーダムをかけられません。その為、歯に接着の
  処理をします。
3 接着性の充填材を使用して、歯に壁を作りました。
4 歯の丈が長くなったのでラバーダムを装着する事が出来まし
  た。これで顕微鏡下で安心して、清潔な根管治療が出来る準備
  が整いました。
    下段 症例二 左より
1 別の症例です。冠が外れ、メタル支台も外れそうです。
2 緩んでいたメタルの支台を外したら、根管内は真っ黒でした。
3 虫歯を綺麗にして歯に接着の処理をします。このままでは歯の
  丈が極端に低いので、ラバーダムをかけられません。歯に接着
  の処理をします。
4 接着性の充填材を使って壁を作りましたのでラバーダムを装着
  する事が出来るようになりました。これでやっと根管治療をす
  る準備が整いました。
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/