スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

本日は抜髄、即ち感染した歯髄組織を除去する処置のケースで
す。歯髄は大変大事なものですから、出来るだけ保存するべきで
すが、一度感染するとなかなか治りません。それどころか、感染
が進み、歯髄組織が無くなり、ここが格好の細菌の繁殖地になっ
てしまい、顎骨炎等を起こす可能性が大いにあります。その上細
菌は全身を巡り、種々の全身疾患に強く影響します。そのため感
染歯髄は除去した方が良い事が多いですが今回はその症例です。
画像とその説明文をご覧ください。
2015-06-15-1.JPG 2015-06-15-2.JPG 2015-06-15-3.JPG
2015-06-15-4.JPG 2015-06-15-5.JPG 2015-06-15-6.JPG
2015-06-15-7.JPG 2015-06-15-8.JPG
上左 金属充填されている歯に痛みなどの症状が出ました。
上中 金属のインレーを除去したら虫歯が広がっていました。
上右 虫歯の下に歯髄組織が露出していたので、歯髄を除去
せざるを得ませんでした。しかしこのままでは壁が欠
けている所が有るので根管治療に必要なラバーダム装
着が出来ません。
中左 歯に接着の処理をして、接着性の充填材で壁を作りま
した。
中々 壁が出来たのでラバーダムを装着出来ます。
中右 安全に、清潔に根管治療をする為に、このように必ず
ラバーダムをかけなければなりません。この状態で顕
微鏡下で根管治療を始めます。
下左 術前のレントゲン写真です。白く見えるのが金属イン
レーですが、この下に虫歯が写っています。
下右 術後のレントゲン写真です。根管拡大、根管洗浄を繰
り返し、無菌状態になったら根管充填をして、根管内
を密封します。根の先まで薬剤で満たされているのが
わかります。痛みはすっかり無くなりました。この後
は噛めるように、歯の形を元どおりに回復します。
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/