スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

 本日は感染根管治療のケースです。根管内に細菌が侵入すると、
これが増殖して、根尖部から顎の骨に細菌叢や膿瘍を形成します。
急性化すると腫れたりしますが、慢性化の状態ですと殆ど症状が出
ないので、そのまま知らずに放置されている事が儘あります。放置
していると、細菌は根の先端部にとどまらず、当然、血流を介して
体全身を周り、全身の疾患を起こす重要なリスクとなります。口腔
内の細菌性疾患は全身の疾患と大変に高い相関関係が有ります。口
腔内の細菌は出来るだけ少なくしておいた方が全身疾患の発症、増
悪を引き起こす可能性が少なくなります。根管治療もきちっとして
おいた方が宜しいかと思います。画像と説明文をご覧ください。
2015-05-22-1.JPG 2015-05-22-2.JPG 2015-05-22-3.JPG
2015-05-22-4.JPG 2015-05-22-5.JPG 2015-05-22-6.JPG
上左 被せ物が外れたので当医院に来院されました。ご本人は抜歯
   されるかもしれない、と思っておりましたが、この程度なら
   十分に保存可能です。多少の腫れもあります。
上中 歯を綺麗にして接着の処理をし、ラバーダムを掛けるために
   筒状の壁を作りました。
上右 壁をつくり、ラバーダム装着が出来たので、安全に、清潔
   に、これから顕微鏡下で感染根管治療を始めます。
下左 術前のレントゲン写真です。右から二番目の白いものが詰め
   ている歯です。根管治療が全く不足しているのが分かりま
   す。根管の中は細菌の巣窟になっています。
下中 術後のレントゲン写真です。根管拡大と根管洗浄とを繰り返
   し、無菌状態になったら、根管充填をして根管の内部を密封
   します。根尖部まできちっと薬剤が入っています。
下右 角度を変えて撮影しました。2根管であるのが分かります。
   治療後は腫れなどの症状がすっかり取れました。
  
詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/