スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

入れ歯

最先端の歯科治療を目指す 世田谷区 成城の 鈴木歯科医院。

昨年の12月18日のブログに掲載した上顎総義歯のその後の様
子です。義歯用レジンだけで作った義歯を一ヶ月使って頂き、粘膜
に痛みが無いか様子を見ていましたが、痛みが全くなかったので
口蓋部をレジンから金属床に置き換えたケースです。金属床に置き
換えたら、その厚みが十分の一になったので患者さんは
「口の中がとても広く感ずるようになりました。とても快適です。」
と、とても喜ばれました。また、当医院ではこの患者さんに20年
近く前に総義歯をいれています。今回はその再製作です。
画像の下の説明文もご覧ください。
15-01-26-1.JPG 15-01-26-2.JPG
15-01-26-3.JPG 15-01-26-4.JPG
上左 まず義歯全体を義歯用レジンで作りました。
上右 一ヶ月使って頂き、どこも悪い所が無かったので、この義歯
をお預かりし、口蓋部のレジンをを金属床に置き換えまし
た。するとこの部位の厚みがすごく薄くなり、また構造的に
も大変強固になりました。
下左 裏側から見た画像です。当医院ではいきなり金属床の総義
歯は作りません。確実にステップを踏みたいからです。
レジンと金属床とは強固に結合しています。
下右 上下の義歯です。下顎の義歯の中には既に金属床が埋め
込めています。
20年前の義歯にはその当時ベストだったスイス製の人工歯
を使いましたが、さすがに段々と劣化したので、今回、国産
の新しい人工歯を入れて新義歯を作りましたが、
「殆ど何でも、よく噛めて食事がとても楽しいです。」
と言われました。