スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

第18回 虫歯治療について その1。 院長からのメッセージ。

 歯周病の次に虫歯のお話をします。
 ごく浅い虫歯でしたら、そこを丁寧にブラッシングし続ければ、虫歯はそれ以上進行しないので、特に治す必要はありません。定期検診でチェックし続けてゆきます。
 しかしある程度以上虫歯が進んだら、今度は早めに治療する必要があります。
 
 前歯が虫歯になったらこれを取り除いて、どこの歯科医院でも歯と同じ色のものを充填して治療が終わります。
 しかし奥の歯の少し複雑な形の虫歯の治療となると、ほとんどの歯科医院では金属を詰める治療をします。
 これは昔からの伝統的な治療法ですが、現代の最先端の技術と比べるとまことに時代遅れのやり方です。
 最も大きな問題は、歯に詰めた金属は歯にくっつかない、接着しないことです。
接着しないと歯と金属との間から細菌が侵入することが多く、しばらくすると初めに詰めたところよりもっと深い虫歯が出来てしまいます。
 こうなると再び治療をやり直ししなければならなくなる、あるいはかなり深い虫歯になっていたりすると歯髄、いわゆる神経まで感染してしまい、神経の治療、すなわち根管治療をしなければなりません。
根管治療は虫歯の治療とは次元の違う治療です。これをきれいに治療するにはそれなりの技量と設備が必要です。
 今の先端治療は歯に接着するもの、歯と一体になる素材を、審美性も十分に考慮して時間をかけて充填処置をします。
 このやり方できちっと治療しておけば、そして予防をきちっとしていただければ、そのうえ定期検診を続けられれば、その治療したものがずっと長持ちしてくれるはずです。
 治療した結果がもっと悪い方向に進むことはあり得ません。
 虫歯の治療は最初が肝腎です。
 病気を川上で止めておくこと、病気を川の中流や下流まで進ませないことが大切です。
 最初の虫歯の治療が不適切で、結局川下にまで進行してしまい、遂には抜歯に至ったケースを私は沢山見てきました。
 こうなってしまうのはとても勿体ないことです。
 詳しい治療の内容などはこちらをご覧下さい。
http://www.suzuki-dental.jp/