スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

入れ歯

入れ歯

【入れ歯】「噛み合わせを改善したい」という方へ

「入れ歯が合わない」「痛くて食べられない」「喋りにくい」
このような入れ歯に関するお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

入れ歯

噛み合わせ、顎の大きさなど正確な診断と精密な処置をして入れ歯をつくれば、入れているのが気にならないほど自然で体の一部になったように快適に使用することができます。

当院では、患者さんのお悩みやご要望をじっくりとお伺いした上で、その患者さんだけの最も理想とする丈夫で長持ちする、ただ一つの入れ歯作りを心がけております。

こんな方はぜひご相談ください

・入れ歯が合わない
・よく外れる・痛い
・何度も作り直している


【当院の入れ歯づくりの特徴】総入れ歯でお悩みの方へ

総入れ歯総入れ歯をつくる上で一番大切なポイントとなるのが、上の顎と下の顎との正しい位置関係です。

当院では、入れ歯を作る前に、”リハビリ用の入れ歯”(仮義歯)を作ります。そして、リハビリ用入れ歯をまずつけていただくことで、顎の位置を正しい状態に戻した上で、本格的な入れ歯をつくります。

こうすることで、患者さんお一人お一人に合った最高のオーダーメイドの入れ歯ができるのです。

あなたの入れ歯は「顎の位置関係」が考慮されていますか?

「思うように噛めない」「痛くて硬いものが食べられない」
この場合、上下の顎の位置関係が正しくなく歪んだ形のまま入れ歯がつくられている可能性があります。上下の人工歯が噛み合わされるときに、上下の顎の位置関係が正しく再現されていればよいのですが、そうではなく間違えた場所で無理をして噛んでいると不具合が生じます。

歯が抜けると顎の関節は前後、左右、上下に位置がずれてきます。総入れ歯になったときは、かなり元の位置からずれた所で噛むくせがついています。この場合、すぐに入れ歯をつくるのではなく顎を元の位置に戻すことが必要です。

すぐに入れ歯をつくってしまったのでは顎関節の位置がずれたままの、全く合わない入れ歯をつくってしまうことになります。これでは噛むたびに顎関節に無理な力が加わって、顎の筋肉にも無理な運動を強いるのでよく噛むことができません。

まず「治療用の入れ歯」で顎の位置を正します

入れ歯を作るための最も大きなポイント、それは上下の顎の正しい位置関係を探し出し、その正しい所で噛むトレーニングをすることです。

まず、正しい位置関係を探がすために治療用の入れ歯を作ります。それを口に入れて食事をしていくうちに顎の関節がほぼ元の所に戻っていきます。その場所で繰り返し噛んで食事をしていくと顎の筋肉も神経反射も元の状態に近い状態に回復します。治療用の入れ歯は正しく噛むためのリハビリテーションの役割を果たしているのです。

その上で「本格的な入れ歯」をつくります

これができるようなったら、治療用の入れ歯をベースにして本物の入れ歯を作ります。うまく本物の入れ歯ができれば、あとは細かい調整を数回するだけでとてもよく噛めるようになり、家族や友人と食事をしても楽しく美味しく味わうことができるようになります。

入れ歯にありがちな痛みや違和感を感じることなく、口に吸い着くように安定し、条件がよければ口の中に入れていることを忘れてしまうほどです。

当院ではこのようにして患者さんお一人お一人に合った最高のオーダーメイドの入れ歯を精魂こめてつくらせていただいております。

※総入れ歯あるいはそれに近い入れ歯を作成する場合、当院では治療用入れ歯と入れ歯をご用意させて頂いております。
※健康保険では対象外ですので、大変に申し訳ございませんが、この方法に保険は適用されません。

当院で扱う総入れ歯

金属床義歯<金属床義歯>
保険のプラスチックでできた入れ歯は、どうしても厚くなるため違和感を感じたり、食べても味が感じられないというデメリットがありました。金属床義歯は床の部分を金属にすることで薄く、お口にぴったりフィットします。

また、金属床は熱を伝えることができるので食事をしたときの温度感覚が自然になります。


【部分入れ歯】】部分入れ歯でお悩みの方へ

部分入れ歯歯が何本か抜けている場合、ここに取り外し式の歯を入れて噛めるようにした入れ歯を部分入れ歯といいます。

よい部分入れ歯はよくできているだけでは不十分で、周りの歯に歯周病などの病気がなく、健全な状態であることが大切です。部分入れ歯の調子が悪い場合、次のようなことが原因であると考えられます。

●残っている歯が虫歯や歯周炎になっている
●口の中の組織と調和していない
●上下の顎の位置が合っていないままでつくられている
●入れ歯自体が壊れている

部分入れ歯が口の中で健全な歯や、筋肉、粘膜と調和し、うまく共同作業していることが望ましい状態です。このような場合、もう一度つくりなおした方がよいケースもあります。

正しい部分入れ歯は残っている歯を長持ちさせることができます。部分入れ歯でお悩みの方も、ぜひ一度ご相談ください。

当院で扱っている部分入れ歯

コーヌス義歯<コーヌス義歯>
コーヌス義歯は歯にかけるバネがない入れ歯で、残っている歯に金属でできた内冠をかぶせて、これに合う外冠をつくって入れ歯を固定します。しっかりフィットするのでガタつきがなく、食事も会話もスムーズに行うことができます。

入れ歯特有のバネが見えず、従って口の中に入れ歯が入っているのが分からないので審美性に優れており、また大変によく噛めるようになります。


義歯症例1

義歯症例1


義歯症例2

義歯症例2


義歯 料金表

項目・内容 治療費(税抜)
金属床金属床 150,000円~1,000,000円/1床
金属のバネが無い義歯金属のバネが無い義歯(テレスコープ義歯) 400,000円~1,500,000円/1床