スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

予防歯科

予防歯科

【予防歯科】口臭や歯の色が気になるという方へ

食生活が豊かになり、美味しいものがすぐに手に入る現代。食後に歯を磨いても、つい間食をして甘い物を食べたりすることがあるのではないでしょうか。

予防歯科

メリハリのある食生活を

虫歯や歯周病予防のためにはメリハリのある食生活が大切です。「ちょっとなら構わないだろう」と、いつも何か食べていると口腔内がいつも酸性に傾いている状態です。これが長く続くとエナメル質が酸で溶かされて虫歯ができてしまいます。

食事が終わったら次の食事まで何も口に入れない事が大切です。食べたら出来ればブラッシングをし、その後しばらく何も食べない。次に食事をしたら、又出来ればブラッシングをして口の内をきれいにし、その後の食事の時間まで何も食べないというようにしましょう。

よく噛んで虫歯予防

だ液には細菌がつくりだす酸を中和する働きや、歯にカルシウムなどのミネラルを補給する働きがあります。よく噛んでだ液の分泌を促すことで虫歯予防につながります。

以前は歯科医院といえば虫歯や歯周病になってから通うもの、というイメージがありました。しかし、これからは悪くなってから歯科医院へ行くのではなく、自分の口の中がいつもベストの状態であるか、虫歯や歯周病にかかる危険因子が潜んでないかをチェックするための所でもあります。

定期的に歯科医院に通ってお口の状態をベストに保っていることで

-毎日の食事が美味しく快適に食べられる
-笑顔に自信が持て、会話がスムーズで人とのコミュニケーションが楽しい
-しっかり噛めることで消化器官に負担がかからない
-噛む力が筋肉の老化の防止につながる(アンチエイジング効果も)
-噛むことでほどよい刺激が脳を刺激して、脳の働きを活性化させる

どれも生きていくうえでとても大切なことです。


【予防歯科メニュー】スケーリング

スケーリングスケーラー(超音波スケーラーやハンドスケーラー)と呼ばれる器具で歯周ポケット内からプラークや歯石を除去します。

スケーリング後、歯と歯の間の隙間が広がったり歯が長くなったように感じられますが、これは今まで付着していたプラークや歯石が取れたためで、少しずつ元に戻っていきます。当院では歯科衛生士が患者さんのお口の状態を確認しながら、丁寧に行います。


【予防歯科メニュー】PMTC(Professional Tooth Cleaning)

PMTC歯磨きをしても落ちない歯の汚れや細菌の巣であるバイオフィルムを歯科衛生士が専門的に器具を用いて取り除きます。予防先進国のアメリカや北欧諸国では大半の人が定期的にPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)を受けています。

<PMTCの手順>
(1)染出剤を使ってブラッシングができていない箇所や磨きにくい部分を染めて磨き方を指導します。

(2)専用シリンジに専用の研磨剤を入れ、歯と歯の間、歯のつけ根に研磨剤を付けて専用のチップで磨きます。咬合面や歯の表面、奥歯の溝は山型ブラシで、表面や裏側はやわらかなカップで丁寧に行います。

(3)歯と歯周ポケット内の洗浄が終わったら最後にフッ素を塗ります。フッ素には抗菌作用があり、歯質を強くする働きがあります。
※フッ素塗布後は30分は飲食を避けるようにしてください。


【予防歯科メニュー】ブラッシング指導

ブラッシング指導「毎食後、歯磨きしているのに虫歯や歯周病になってしまう」という人がいらっしゃいます。全身疾患やホルモンバランスなどにより、歯周病になりやすい場合がありますが、多くの場合、原因はブラッシング不足によるものです。

PMTCで染出剤を塗ってお口の中を見てみると、意外に磨き残しがあることに気がつきます。歯の表面が磨けていても歯と歯の間や歯の溝、奥歯などにプラークが残っていると虫歯や歯周病の原因になります。

当院では患者さんのお口の状態に合ったブラッシング方法をアドバイスしています。「私はしっかり磨けている」という方でも一度ご来院ください。また、デンタルフロスや歯間ブラシの効果的な使用方法についてもアドバイスさせていただきます。


【ホームケア】効果的な歯磨きの方法

ホームケア

歯ブラシの選び方

歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目の細かい部分までブラシできるよう、歯ブラシのヘッド(歯ブラシの毛がついている部分)は小さなタイプを選びましょう。

鏡を見ながら磨く

テレビや新聞を読みながら、といった”ながら歯磨き”をしていませんか?歯磨きをするときは鏡を見て、どの歯をどんなふうに磨いているか、確認しながら磨きましょう。1本1本確認しながら磨くことで、磨き残しをなくす効果があります。

歯ブラシの握り方

歯ブラシは、軽く鉛筆を握るように優しく持ちましょう。力を入れて歯ブラシを握ると、奥歯の奥まできれいに磨けません。汚れを落とそうと力を入れてゴシゴシ磨いてしまうと歯ぐきやポケット部分を傷つけたり、炎症を起こす場合があります。

また、歯ブラシに加えて歯間ブラシやデンタルフロスでお手入れすることで効果的に汚れを落とすことができます。