スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

親不知を早く抜いておかなかったので、隣の歯が大きな虫歯です。

親不知が正則に萌出しておらず、水平になって埋伏していたので、隣の歯との間に難しい位置関係が生じ、歯髄にまで達する大きな虫歯が出来ました。その為、根管治療になりました。

① 下顎の第二大臼歯の歯がひどく凍みます。奥に隠れている親不知がこれに関係しているようです。これからラバーダムをして根管治療を始めます。

 

② 術前のレントゲン写真です。画像中央の歯ですが、右手の親不知が水平になって長いこと中央の歯を圧迫していました。ここに菌が繁殖して大きな虫歯を作り、歯髄腔にまで細菌が感染し、症状が出ました。根管治療をしなければなりません。

③ 術後のレントゲン写真です。神経を取る根管治療が終わりました。根管の中に薬剤が綺麗に充填されています。痛み、凍みはすっかり無くなりました。なお右手の親不知は抜歯しました。