スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

虫歯治療後にまた虫歯が再発したので根管治療をしました。

虫歯の治療をしたからもう大丈夫、とは限りません。ことに虫歯に金属充填をした症例では再発する事が多く、その進行が深いと感染根管治療をしなくてはならない症例があります。

① 金属インレーが外れたら大きな虫歯が出来ており、これを除去したら内部の歯髄組織にまで細菌感染が及んでいました。歯髄腔が細菌の巣窟になって細菌が増殖しています。これは体全身に廻り、全身疾患のリスクに繋がるのでここは無菌化しなければなりません。

② 遠心部の欠けた壁を修復し、ラバーダムを装着してこれから顕微鏡下で根管治療を始めます。リーマー・ファイル、根管拡大器、超音波発信器などを使い分けて根管拡大をし、無菌化に努めます。

③ 術前のレントゲン写真です。画像右側の第二大臼歯の歯髄腔(根管)が細菌感染しており、その根尖部に骨が吸収した陰影像が見られます。

④ 術後のレントゲン写真です。根管内を拡大・無菌化して薬剤で緊密な根管充填をしました。感染源が無くなったので全身疾患のリスクの一つが無くなり、周囲の歯槽骨も回復してゆくはずです。根管治療が終わったのでこれから咬合を回復する治療に移ります。