スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

虫歯審美治療

虫歯の再発が最も少ない接着性充填の治療法です。

本日は虫歯治療の接着性充填の症例です。虫歯を除去した後に歯を元の形に修復しますが、その時に使う素材がポーセレン(陶材)だけですとこれが硬すぎ、また破折する事もあります。破折したら全部やり直しになります。又このポーセレンの充填材はセメントで歯に合着しますが、この方法では歯に対する接着力に少々弱い所が有ります。それに通院回数が2回かかります。 これに対し、当医院で使用する充填材は数パーセントの樹脂を混ぜたポーセレン材です。これは歯に強力に接着する素材ですから虫歯の再発が少なく、また通院回数は1回で済みます。その場で治療は終わりです。万が一充填材が欠けてもその場で修復できます。色調も歯と同じ色になるようにしますので、現在の虫歯治療用の充填材としては最も優れています。但しこの治療法には経験と技術が必要です。それではその症例と説明文とをご覧ください。

 

詰めてあった金属製のインレー充填材が虫歯の再発で外れました。麻酔下で虫歯を取りました。歯に接着の処理をします。

隣の歯との境の隣接面から充填を始めます。ここが一番経験と技術が必要な所です。これが出来たら次は内部を充填します。

少しづつ積層しながら柔らかい素材を硬く固めてゆきます。形が整ったので咬合調整と研磨をして終わりです。だいたい一時間から一時間半ぐらいかかります。一回の通院で完了します。