スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

入れ歯

総入れ歯の症例-治療用義歯の応用について。

世田谷区成城学園前の鈴木歯科医院で行っている総入れ歯の治療法です。
まだ治療中ですが途中の段階で供覧致します。
上顎、下顎共に総入れ歯のケースですが、完成するには幾つかのステップを着実に踏まなければなりません。その中で難しいのは、上顎と下顎との三次元的な位置関係です。それも適正な位置関係です。
今迄抜歯を繰り返したので、本来望ましい所から変位している場合が多くみられ、そのまま入れ歯を作っても何かしっくりと来ません。これを正しい関係に戻すのが何より大切です。
その為、当医院では完成義歯を作る前に、必ず治療用の入れ歯を作ります。これで暫く口の中に入れて噛んでいると、正しい位置関係が見つかります。この治療法で総入れ歯を作った患者さんは、皆さん驚くほど良く噛めるようになります。よく噛めるようになると意識もはっきりしますし、意欲が出てきます。
ですから総入れ歯などで苦労されている方は是非ともご連絡下さいませ。それでは下の画像と、その説明文とをご覧ください。

左上のバネをかけてあった歯が抜けてしまったので、上下の総入れ歯を新製する事になりました。

上下顎の精密な型を取り、上と下とのだいたいの位置関係を記録して、先ず治療用の総入れ歯を造りました。上顎の入れ歯の臼歯の歯は硬い陶材を使っています。

下の総入れ歯の奥の歯は柔らかいプラスチック製の平らなテーブル状のものです。ここに上の硬い陶材の歯が噛みこみます。これでも段々噛めるようになります。そのうち、フラットテーブルの上に上の歯の圧痕がつきます。ここが上下の顎の無理の無い位置関係を表示しています。上下の正しい顎の位置関係を決定するのが一番難しい所ですが、この方法が最も優れているようです。

 上下顎の治療用の総入れ歯の噛みあわせた状態を正面から見た所です。

上下の治療用義歯を横から見た所です。この治療用義歯は1~2か月ぐらい使います。もう少し長くなる場合もあります。この期間が過ぎたら、すぐに本義歯を作ります。