スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

破折した器具を除去した感染根管治療の症例。

前医(他の歯医者)で感染根管治療をしましたが、その時に使用した治療用器具が根管の中に折れ込んでしまい、当医院に来院(セカンドオピニオンにて来院)されました。破折したものを外すのは顕微鏡下(マイクロスコープ)でも大変だったですが、何とか綺麗になりました。その画像と説明文とをご覧ください。

 初診時のレントゲン写真です。前医院で根管治療をした時に器具(リーマー)が根管内に折れ込んだので、治療が進まなくなりました。画像中央の下に小さく針状に白く見えるものがそれです。

⑵ 患歯にラバーダムをかけ、顕微鏡下(マイクロスコープ)で破折器具を探して、このリーマーを超音波振動で除去出来るようにします。

 破損リーマーを除去する事が出来た確認レントゲン写真です。⑴で見た白い針状のものは無くなりましたので、通常の感染根管治療を始めます。

 根尖部まで綺麗に根管拡大をし、根管内を無菌化出来たので、根管充填をして根管内を密封したレントゲン写真です。根管治療は無事終了しました。この後は咀嚼機能を回復する為に精密な冠を被せるようにします。