スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

インプラント

無理だと言われた所に無事インプラントが埋入出来た症例。

上顎の顎の骨が薄い所にはインプラントは難しいと一般的に思われていますが、特別なテクニックを使って骨を増殖させて、インプラントの埋入をしました。その画像と説明文とをご覧ください。

① 右上の第一大臼歯に長さ10ミリのインプラントを入れたいのですが、残された顎の骨の厚さは4ミリしか無いので、通常ではこれは無理だと諦めてしまいます。然し人工骨を使ったソケット・リフト法をうまく適用すると骨が増殖してインプラント埋入が可能になります。

② 二種類の人工骨を使って、上顎洞底を覆う膜を少しづつ拳上しました。人工骨を少し補充しては、上顎洞底に隣接する膜を押し上げる事を繰り返しましたが、画像中央のインプラント体の上部周囲がテント状に持ち上げられ、テント内部に白い粒子の人工骨が見られます。このおかげで10ミリのインプラントを無事埋入する事が出来ました。人工骨の約半分は天然の骨に置換して、拳上したもの全体が天然の骨と一体化します。数か月間様子を見てからここで噛めるようにポーセレンの歯を入れる予定です。