スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

治療した歯に冷たいものがにしみる症例

金属インレーが充填されている上顎小臼歯が、冷たい物に凍みてたまりません。

 

麻酔下でインレーを外し、虫歯を取り除いていたら、歯髄組織が露出してしまいました。感染歯髄ですので止むを得ず、抜髄をしなければなりません。根管治療をこれから進めるにあたって、このままではラバーダムをしても無菌処置が出来ません。

 

ラバーダムの効果が出るように、失われた壁を接着技術を使って修復しました。

 

壁が再現できたので、ラバーダムを装着しました。これから顕微鏡下で根管治療を始めます。

 

術前のレントゲン写真です。画面の一番左側の歯を治療しています。

 

根管治療が終わった術後のレントゲン写真です。右から二番目の歯です。湾曲した根管の先端まで綺麗に薬剤が密封されているのが分かります。この後は噛めるように歯を元の形に戻します。