スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

歯の神経を取らざるを得なかった症例。

虫歯治療で金属を詰めてあった歯に,又虫歯が再発して、神経にまで感染が及んだ症例です。やむを得ず、根管治療をせざるを得ませんでした。虫歯治療に金属充填をした悪しき例です。金属と歯との間に細菌が侵入して虫歯の再発が起こりますので、虫歯治療には金属を使わない方が良いと思います。画像とその説明文とをご覧ください。

金属を詰めている歯がものすごく水に凍みて来て耐えらなくなり、当医院に来院されました。

麻酔下で金属を外すと、歯の深部にある歯髄組織が露出しました。赤色の小さな点がそれです。ここまで細菌感染していたので、感染歯髄を除去せざるを得ませんでした。その前に、壁が無い所を補う為に歯に接着の処理をして、接着性の充填材を使って、壁を作ります。

壁が出来たので患歯にラバーダムをかける事が出来ました。これから顕微鏡下で根管治療を始めます。

術中のレントゲン写真です。根管の途中まで薬剤が入っています。

術後のレントゲン写真です。根管内が無菌化されたので、根管内部を密封すべく、根管充填をしました。始めの症状は全く無くなりました。この後は歯冠修復をして歯の形を元に戻して、良く噛めるようにします。