スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

根管治療を暫く放置していた症例。

今回は感染根管治療の症例です。根管治療は細菌感染した歯の中の細くて狭い神経の管の中を綺麗にします。これを治療せずに放置しておくと、痛みや腫れ等の症状を起こします。またこの歯の中の根管が細菌の絶好の培養地になり、歯の根の先端部に膿瘍を形成して顎の骨を溶解する事が有ります。それだけでは有りません。その細菌は血流に乗って身体の隅々まで運ばれ、全身に感染症を起こす事が報告されているのでこれは綺麗に治療する必要が有ります。ただこの治療を清潔に行なう為には、必ずラバーダムを歯にかけなければなりませんし、微細な構造を扱う為に顕微鏡下で行う必要が有ります。また何よりもそれなりの豊富な経験が大切です。それではその一症例と説明文とをご覧ください

① やや痛みが有り、また上顎大臼歯の一部が欠けた状態で来院されました。このままでは清潔に治療するためのラバーダムをかける事が出来無いので、欠けた所に壁を作らなければなりません。その為に歯に接着の処理をします。

 欠けた所を接着性の素材で壁を作りました。根管治療では必ずラバーダムをかけなければなりませんし、かけられるように必ず周囲に壁を作っておかなければなりません。

 壁が出来たおかげでラバーダムを歯に装着出来ました。患歯を隔離出来たので、これで安全に、清潔に治療する環境が整いました。これから顕微鏡下で根管医療を始めます。

④ 術前のレントゲン写真です。画像中央の歯の根の先に黒い陰影像が見えます。細菌感染により顎の骨が空洞化している状態です。感染した根管内を綺麗にすればこれは次第に治ります。

 術後のレントゲン写真です。根尖部まで綺麗に無菌化し、根管内の空洞を薬剤で密封しました。始めの症状はすっかり無くなりました。この後は咀嚼機能を回復するために精密な冠を装着する治療をします。レントゲンに見える黒い陰影像が消えるのには数年間かかりますが、今はこのままで全く問題有りません。通常、2~3回の通院で根管治療は終了します。