スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

根管治療を成功させるための必須条件。

前回は、根管治療の時に必ず守らなければならない事を述べました。繰り返しますと ⑴、必ず患歯にラバーダムを装着し、汚染されない清潔な治療環境を準備する事。 ⑵、その前に、歯が欠けてラバーダムをかけられない状況が多いので、欠けた所を接着性の素材を使って必ず壁を造る事。 ⑶、必ず顕微鏡下で根管治療を行う事。これが無いと、かんじんな根管を発見できない事があります。 ⑷、超音波振動器や手用リーマー、電動式リーマー等、様々な治療器具を使い分けします。 ⑸、細菌感染している根管内を無菌化するために、変色した根管の内壁を削除します。通常は針のようなリーマーを使って根管拡大しますが、これだけでは綺麗にはなりません。やはり超音波振動させたチップが必要です。 ⑹、根管内を拡大しつつ絶えず消毒液で洗浄しながら治療を進めます。 ⑺、ある程度根管拡大が出来て、汚染部が無くなったら今度は根管内にEDTA液を満たして1~2分間、超音波振動を与えます。こうすると根管内壁にへばりついていた細菌や汚物の残渣が綺麗に剥がれ落ちるので、その上更に洗浄消毒して根管内を無菌化出来ます。一つの歯に4根管有れば4~8分間超音波洗浄をします。 ⑺、根管内を乾燥させて、然るべき薬剤で根管内を密封します。 ⑻、この後は歯を元の形に戻して咀嚼が出来るようにします。   以上述べた項目はどれ一つとしてなおざりにする事は出来ません。

これから根管治療を始めますが、画像右側の壁が欠けています。このままラバーダムをかけても使用する薬剤が漏れたり、根管内に唾液が侵入して汚染するので、先ず欠けた壁を修復します。

歯に接着の処理をした後、接着性素材を使って壁を造りました。ラバーダムをかけます。安全に、清潔に根管治療を始める環境が整いました。これ以降は顕微鏡下で各種の治療器具を使い分けて、根管内を無菌化します。

術前のレントゲン写真です。画像中央で、黒く見えている虫歯が進行している歯を根管治療します。

術後のレントゲン写真です。根管拡大と、EDTA浴槽下での超音波振動と洗浄とを繰り返しました。根尖部まで綺麗に薬剤が密封されており、根管治療は完了しました。3根管のように見えますが、実際は4根管有りました。第4番目の根管は顕微鏡が有るからこそ発見し、処置する事が出来ました。これが治療されていないと何時まで経っても症状は治りません。この後は咬合出来るように歯の形態を回復します。

 

 

 

 

鈴木歯科医院ではなるべく「削らない」「抜かない」「痛くない」治療を心がけて治療を行います。

特に、顕微鏡を使用した精密根管治療・1回の治療で治る虫歯治療・歯周病治療は幅広い患者さま方から大変お喜びの声をいただいております。

☆通院される患者さまが多い地域☆

東京都世田谷区成城、品川、新宿、渋谷、池袋、代々木、代々木上原、下北沢、梅ヶ丘、豪徳寺、経堂、千歳船橋、祖師ヶ谷大蔵、喜多見、狛江、登戸、向ケ丘遊園、生田、読売ランド前、百合ヶ丘、新百合ヶ丘、南新宿、世田谷代田、赤坂、乃木坂、表参道、明治神宮前、原宿、日比谷、東京、大手町

鈴木歯科医院オフィシャルサイトTOPページへ

鈴木歯科医院精密根管治療サイトTOPページへ