スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

根管治療をした後に、接着性の審美的充填をしました。

感染根管治療が終わった後に、歯の形態を修復して噛めるようにしますが、今回はこの一連の治療を一度に掲載いたします。

① 金属が充填されている大臼歯で食事をすると、ここに痛みが走ります。  

② 金属インレーを外しました。根管内の歯髄組織が変性していたのが痛みの原因です。それで感染根管治療を始めました。すぐにラバーダムを掛けました。根管治療をする時は必ずラバーダムを装着しなればなりません。

③ 術前のレントゲン写真です。細菌感染している根管内を超音波発信器その他を使い分けつつ、顕微鏡を覗きながら無菌化してゆきます。

④ 術後のレントゲン写真です。感染根管の拡大・清掃を繰り返して、最後に根管内壁にこびり付いている細菌叢も除去してからこの内部を薬剤で密封します。この治療の為に二回通院して頂きました。

⑤ 根管治療が終了し、痛みも無くなりましたので、接着性・審美的充填法で元の歯の形にする事になりました。歯に接着の処理をします。

⑥ 接着性の充填材を、積層と重合硬化を繰り返しながら充填をし、形態が出来たら咬合調整・研磨をして終了しました。これは一回の通院で終了しました。