スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

根管治療の珍しいケースです。

通常は一本の歯根の中に一本の歯髄が走行していますが、まれに複数の歯髄が分枝しているときが有ります。ここが感染していると治療は大変に難しいですが、今回は偶々上手くいった症例です。

① 術前のレントゲン写真です。前の先生の所でかなり綺麗な根管治療をされているようですが、まだ何となく違和感が残り、レントゲンの画像中央の歯の根の右上に黒い陰影像が小さく見えます。白く見える根管からこの陰影に向かって根管側枝があり、この内部が細菌感染している状況です。これが違和感の原因のようですが、ここを治すのは至難のわざです。
② 術後のレントゲン写真です。薬剤を全て取り除き、EDTA溶液で根管内を超音波洗浄して、根管内壁にこびり付いている残渣を取り除き、薬剤を填入する時は水平圧と垂直圧とを加えて根管内を密封しました。すると黒い陰影部に向かって薬剤が水平方向に充填されているのが見えます。水平方向に走行する根管側枝に薬剤が満たされたものと思われます。術後の経過観察をしてゆきます。