スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

最新の虫歯充填。

今回は虫歯治療の症例です。このブログでは何回も繰り返しお話ししている事ですが、虫歯の治療をするときには必ず歯に接着する素材で充填した方が遥かに歯の寿命が長くなります。虫歯治療では一般的には金属インレーが多く詰められていますが、これは虫歯の再発を繰り返して歯の寿命を縮める事になるので、そうならない接着性充填の治療を選択された方が賢明です。また治療回数も一回で済みますし、歯と同じ色で修復できます。それではその症例と説明文とをご覧ください。

下顎大臼歯にGOLDインレー充填がされています。昔は金属を詰めるしか無かったので、GOLDインレーが珍重されていました。然し水に凍みてきたので外す事にしました。

麻酔下でインレーを除去しました。予想した通り虫歯が再発していました。いくらGOLDでもこれは歯に接着しません。歯に接着しないので、そのうち歯と金属とのすき間から細菌が侵入して又虫歯を作ります。これは金属インレー充填の宿命です。この虫歯をを綺麗にしました。

虫歯を取り除いた後に、歯に接着の処理をして、接着性の充填材を少しずつ重合しながら積層してゆきます。もしここでまた金属製のインレーを充填すると、いずれはもっと深い虫歯になって、神経を取る事になります。そうならないように歯と充填材とが一体になる治療法が理にかなっています。

接着の処理をした歯に、数パーセントの樹脂を含んだセラミック素材を、少し積層しては重合して硬化させ、形態を造ってゆきます。最後に微調整と研磨をして終了しました。一時間ほどかかりましたが一回の通院で済みました。