スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

感染根管治療

感染根幹治療は、一般に歯科医師の苦手とする所です。それなりの経験・実績と、それなりの設備とがないとうまく行きません。暗くて糸のように細く、また湾曲している感染根管を無菌化するのは至難のわざです。その為、まず根管治療を清潔に安全に行える環境を造り、その上でマイクロスコープや超音波発信器などを有効に使いこなせる事が大切です。即ち、従来の治療法だけではうまく行かない事が多々有ります。今回もその症例をご覧ください。

① 下顎大臼歯に冠が装着されていますが、噛むと痛みがでます。再治療を希望されて来院されました。

② 冠を外したら周りの壁が無いので、根管治療に必須なラバーダムを掛けられません。その為、歯に接着の処理をして、壁をめぐらせなければなりません。

 

 歯の周囲に壁が出来ました。これからラバーダムを装着します。

④ 患歯にラバーダムを掛けました。これで清潔な治療、安全な治療が出来る環境が整いました。顕微鏡下で根管治療を始めます。

⑤ 術前のレントゲン写真です。画像右側の歯ですが、根管治療らしき治療はされていません。白いすじに見える薬剤が歯の根の先端まで遠く及んでおらず、中途半端なのが分かります。根管内が中空になっている所が多く、そこが格好の細菌培養地になっているので、症状が出るのです。

⑥ 術後のレントゲン写真です。白く見える薬剤が歯の根の先端にまで密封されているのが分かります。細菌感染した根管内の死腔は無くなりました。これで痛みの原因は取れたので、痛みも無くなりました。これ以降は精密な冠を被せて良く咀嚼出来るようにします。