スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

感染根管治療をする時に絶対に必要なステップを掲載しました。

根管治療は清潔に、無菌的に行わなければなりませんが、これを完璧に行うのは大変です。幾つもの絶対に欠かしてはならないポイントを確実にクリヤーしなければなりません。今回はその一部をご覧下さい。

① 他医院で以前、画像中央、下顎小臼歯の根管治療をしましたが、何かしっくりとしません。当医院で全てやり直す事にしました。

② 先ず冠を外しました。金属製のコアーが装着されていましたのでこれも外さないと根管治療が出来ません。今はグラスファイバー製のコアーを使用します。金属製のは使いません。

③ 金属のコアーを外しましたが、根管孔の周りの壁が殆ど無いので、このままではラバーダムを装着出来ません。その為歯に接着の処理をして壁を造る準備をします。

④ 接着性の充填材で壁を造りました。この壁のおかげでラバーダムを装着出来ました。これが無いと清潔で安全な根管治療は出来ません。これから顕微鏡下で根管治療を始めます。顕微鏡が無いとこれもきちっとした治療は出来ません。途中で何回も洗浄しますが、ある程度根管拡大が出来たらEDTA溶液を入れて、超音波でこの薬液を1~2分間振動させます。すると根管内壁に張り付いている細菌などが剥がれ落ちます。

⑤ 根管内のEDTA溶液を超音波振動させた結果、薬液が白濁しました。内壁の汚物が剥がれ落ちた結果です。この行程も絶対にはずしてはなりません。これをしないと綺麗な根管治療が出来ません。

⑥ 術前のレントゲン写真です。画像中央の歯です。一応根管治療はされていましたが、これでは不十分だったようです。

⑦ 術後のレントゲン写真です。根管内を拡大し、EDTA溶液その他で何回も洗浄して無菌化し、根尖部迄綺麗に薬剤を密封しました。治療前の症状はすっかり消失しました。この後は噛めるように、精密な冠を装着する準備をします。

 

 

 

 

鈴木歯科医院ではなるべく「削らない」「抜かない」「痛くない」治療を心がけて治療を行います。

特に、顕微鏡を使用した精密根管治療・1回の治療で治る虫歯治療・歯周病治療は幅広い患者さま方から大変お喜びの声をいただいております。

☆通院される患者さまが多い地域☆

東京都世田谷区成城、品川、新宿、渋谷、池袋、代々木、代々木上原、下北沢、梅ヶ丘、豪徳寺、経堂、千歳船橋、祖師ヶ谷大蔵、喜多見、狛江、登戸、向ケ丘遊園、生田、読売ランド前、百合ヶ丘、新百合ヶ丘、南新宿、世田谷代田、赤坂、乃木坂、表参道、明治神宮前、原宿、日比谷、東京、大手町

鈴木歯科医院オフィシャルサイトTOPページへ

鈴木歯科医院精密根管治療サイトTOPページへ