スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

外科処置を伴った根管治療の症例です。

ポーセレンが装着されている歯の根元が腫れたので、治療を依頼されました。根管治療だけでは治らなかったので、外科処置を併用しました。

① ポーセレンを被せた歯の根元が長い間赤く腫れてなかなか治りません。

② 感染根管治療を始めますが、必ず画像の様に患歯にラバーダムを掛けてここを隔離し、清潔で安全な治療環境を作らなければなりません。これが出来てから顕微鏡下で治療を始めます。

③ 術前のレントゲン写真です。画像中央右の歯ですが、根の先が吸収されて短少化し、その先に大きな骨の欠損が出来て、そこが画像で黒く写っています。根管治療はされていませんでした。

④ 根管内が汚染されていたのでここを無菌化し、根管内を薬剤で密封しました。しかし腫れは引かなかったので、後日、外科的に根尖部の膿瘍を摘出し、空いた空間に人工骨を填入しました。ここが画像で白く写っています。その後、腫れは引きました。