スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

全身疾患のリスクと根管治療とは大いに関係あります。

根管治療がうまく行っていないと根管内の細菌が全身に運ばれ、色々な全身疾患の危険が生じます。ですから根管治療はきちっとしておかなければなりません。

① 下顎の大臼歯です。根の先に陰影部が有ります。細菌感染により、顎の骨に空洞が出来ています。ここの細菌は血流に乗って全身に運ばれ、全身疾患のリスクを高めます。その原因は根管の中の感染です。

② ラバーダムを装着できるような歯の形にしました。これからラバーダムを掛け、顕微鏡下で治療を始めます。

③ 通常は3~4本の根管が有りますが、この歯はこれらが癒合してU字状根になっていました。ここがかなり汚れていので無菌化して、ここを薬剤で密封し、根管治療は終了しました。根尖部の陰影像はそのうち消えるはずです。