スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

中途半端な根管治療をやり直した症例です。

一般に行われている感染根管治療のレントゲン写真を見ると、だいたい下図の④に見られるようなレベルの治療が多いようです。奥の歯にいけばそれだけ治療が難しくなるので中途半端になります。これをきちっとするには、先ず必ず患歯をラバーダムで隔離し、それから顕微鏡下で超音波発信機その他を駆使して細菌感染した根管内の無菌化を目指しますが、当医院では殆どの症例でうまくいっているようです。それでは画像と説明文をご覧ください。

① 歯が欠けた状態で来院されました。進行していた虫歯を取っている所です。しかし周囲を取り囲む壁が一部欠けている状態なので、歯に接着の処理をして、壁を造る準備をします。今迄この歯が何か重い感じで時々腫れていました。

② コンポジットレジンで欠けていた壁を造りました。

 

 壁が出来たおかげで患歯にラバーダムを装着する事が出来ました。これで安全に清潔に、顕微鏡下で根管治療を始める準備が出来ました。

④ 術前のレントゲン写真です。画面中央の歯ですが、根の先に黒い陰影像が見られます。根管内で培養されていた細菌が根の先の歯槽骨に影響して骨の中に空洞を作っています。ここの細菌は血流に乗って全身に運ばれ、全身疾患の大きなリスクになりますからこれは何としても治さなければなりません。

 術後のレントゲン写真です。根管内が無菌化されたので、根管内に薬剤を密封しました。今回は3本の根管でしたが、それぞれ走行や太さなどが異なり、個性的です。根管治療はこれで終了しましたが、根尖部の陰影像は2~3年位で喪失します。初診時の症状はすっかり治りました。この後は精密な冠を被せて、良く噛めるようにする予定です。