スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

院長ブログ

インプラントの症例

今回はインプラントの症例です。歯が抜けた所に入れ歯を入れても良いのですが、残っている歯に負担がかかります。それに比べ、インプラントは残っている歯に一切負担がかかりません。ですからインプラントを入れる事によって、残っている歯が長持ちする事にもなります。インプラントが埋入出来る条件が有ればこのやり方が一番良いともいえます。なおインプラントは顎の骨の中に埋入しても殆ど痛みは有りません。それでは画像とその説明文とをご覧ください。

 

上顎左側の歯が3本欠損しています。ここを2本のインプラントで修復し、噛めるようにします。画像にその一部が2本見えています。インプラントブリッジの形で歯の欠損部を修復します。

 

時期が来たのでインプラントの上に、プラスティックで作った仮のブリッジを付けました。これでしばらく噛む練習をします。

 

手前のインプラントにチタン製の支台をスクリューで固定しました。

 

奥のインプラントにも同じようにチタン製の支台を固定して、この二つの上にブリッジを装着します。

 

ブリッジが出来たのでこれを装着しました。自分の歯のように良く噛めて、しかも全く違和感が無いようです。