スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

0120-570-996

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

インプラント

インプラントの症例です。

歯が抜けた時にこのまま放置しておくと、ここで噛めませんし、歯並びも乱れてしまいます。これを解決すには「入れ歯」を入れる方法、または「ブリッジ」を装着する方法などがありますが、両者ともに残っている歯に力の負担がかかります。その点「インプラント」は咬合力を自分で負担するので、他の残っている歯に一切の負担がかかりません。従って他の歯が長持ちする事に繋がります。これが歯の欠損部回復にインプラントが一番優れている所です。今回も一歯欠損の症例です。

① 下顎右側の大臼歯が欠損したので、ここにインプラントを入れて噛めるようにします。

② 術前のレントゲン写真です。画像中央にインプラントを埋入する予定です。

③ 麻酔下でチタン製のインプラントを埋入しました。痛みや腫れは全く有りませんでした。

④ インプラント埋入から3ヶ月経ちました。顎の骨にしっかり着きましたので、上部構造を造り、ここで噛めるようにする為、型を取ります。

⑤ 型を取ったので上部構造の冠を造り、これをスクリューでインプラントにつなげました。そのレントゲン写真です。

⑥ インプラント上に冠をつけた時の状態です。中央の窪みははスクリューを出し入れするためのの為のアクセス・ホールです。

⑦ アクセス・ホールに接着材を塗布して、接着性の充填材でここを埋めました。大変に良く噛めているようです。