スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

むし歯を放置すると感染根管治療をしなくてはなりません。

虫歯を適切に早く治療しておけば虫歯治療で終わりますが、これを放置したままにしておくと歯髄組織まで細菌感染が進むので、次の段階である根管治療が必要になります。

 

① 術前のレントゲン写真です。画像中央の歯に大きな虫歯が有ります。虫歯の細菌が根管の中にまで進んでいるので根管治療をしました。歯肉が腫れていました。

② 歯肉の下まで虫歯が進んでいたのでレーザーで歯肉を取り、虫歯も綺麗にしました。しかしこの状態では根管治療に必須のラバーダムを掛けられないので、接着の処理をして歯に壁を立ち上げます。

③ 歯に壁を立ち上げたのでラバーダムを装着する事が出来ました。清潔に安全に根管治療をするためには必ずこれを装着した上で治療用の顕微鏡を使わなければなりません。

④ 術後のレントゲン写真です。細菌の巣窟だった根管内を無菌化し、ここを薬剤で密封して根管治療は終わりました。歯肉の腫れは無くなりました。