スピーディな治療をする歯医者は、世田谷・成城の鈴木歯科医院

最新技術で満足のいく治療。世田谷・成城の歯医者は、当歯科医院にお任せください。

患者様専用ダイヤル【携帯・PHSもOK!】

03-3483-1919

平日・土曜:9:00~18:00
(水曜日は13:00まで)

根管治療

むしばを放置しておくと、歯髄まで感染してしまいます。

虫歯の治療を早めにせずに放置しておくと歯の奥深く隠れている歯髄組織、所謂神経を取る抜髄の治療をしなければなりません。いったん細菌感染した歯髄組織は自力で細菌を排除して治癒する事が出来ず、感染は進行するのみです。このまま置いておくと激しい疼痛などが起こり、これが治まると今度はここが細菌の培養地になり、これが全身に運ばれ、全身疾患のリスクになりますのできちっとした治療をされた方が宜しいかと思います。

① 詰めてあった金属インレーが外れた所に虫歯が大きく深く進攻していました。痛みがかなりありました。

② 麻酔下で虫歯をすべて取り除いたら歯髄組織が露出しました。画像の赤い所がそれで、何か所か見えます。細菌感染による非可逆的な強い炎症が起こっているので、これは歯髄を除去するいわゆる抜髄処置をしなければなりません。

③ 術前のレントゲン写真です。画像左側の大臼歯に虫歯が黒く見える陰影像として見られます。

④ 術後のレントゲン写真です。感染歯髄を除去し、根管内を無菌化してここを複数の薬剤で密封充填して抜髄処置は終わりました。痛みは全く無くなりました。2回の通院で終了しました。この後は咬合機能を回復してここで噛める治療に移ります。